トピック - 3 - 社会福祉法人光道園

kodoen


* 「トピック」カテゴリーのアーカイブ

date |
author

しあわせ福井スポーツ協会より、「囲碁ボール」というゲームの用具をお借りしました♪

※囲碁ボールとは、囲碁の町、兵庫県丹羽市柏原町で生まれた競技で、子どもから高齢者まで分かりやすいルールで楽しめ、そして考えながら打つ奥の深いゲームです。

49個の目()に白・黒各10個のボールを打ち込んで、五目並ベのように競います。

私が用具を受け取ったときに、余りの大きさと重たさにびっくりして、協会の方にも手伝って頂き3人で運びました。そしていざ出してみると、とても大きく、下に引いているマットも重量感がありました!

セッティングが終わると、利用者の方は興味津々で、まずはスティックを持って試し打ちをしていました。 

本来なら、重なったボールは穴に入っているボール以外は外して点数を数えますが、

まずは、慣れていただく為に打って楽しんでもらいました。 

初日は一人10球ずつ的を狙って打ち合いましたが、次は正式なルールで楽しみたいと思います!

これから梅雨の時期になり、雨が降る日が多くなると思いますので、園内でできる運動や遊びを楽しんでいきたいと思います。

date |
author

光道園『ZOOM de 企業説明会』はじめました♪

新型コロナウィルスの影響もあり、なかなか福祉施設の職場見学会や企業説明会などに参加できず、

思うような就職活動が出来ていない方もいらっしゃるのではないでしょうか⁉︎

『実際に光道園の事を聞いてみたい』

『仕事内容や福利厚生のことを質問してみたいけど、もっと気軽に聞けないかな⁉︎』

と思っている学生の皆さまにも参加していだだけるように、

光道園では、WEB会議用ソフト“ZOOM”を利用した『ZOOM de 企業説明会』を実施することになりました!

実際にリアルタイムで光道園の概要説明や法人の魅力、気になっている質問など、たくさんお伝えできますので、下記のリンク先からお申し込みください!

光道園「Zoom de 企業説明会」を実施します!!

是非、実際にたくさんお話しましょう♪
みなさまのご参加お待ちしています!

date |
author

ここ数日、急に暑くなり、30℃を超える真夏日が続いていますね。
気候変化で体調など崩されていませんか?

気温が上がり、ムカデやゴキブリなど害虫が出る季節にもなりましたね。

我が家でも、先日、夕食中にゴキブリが出現し、阿鼻叫喚の嵐でした...。

さて、ヘルパーステーションさざんかでは、約20年ほど前から、ゴキブリなどの害虫を家に寄せつけない効果があるホウ酸団子を年に2回手作りして、利用者の方の家を訪問した際にお渡ししています。

管理栄養士の協力を得て、今年もホウ酸団子を作りました!
(作り方については、下記をご参照ください。)

130個のボトルキャップに、丸めたホウ酸団子を一つひとつ丁寧に詰めていきました。タマネギで目がしみながらも、利用者の方の笑顔を思い浮かべながら、悪戦苦闘しながら心をこめて作っています。

雨に濡れるといけないので、雨が降る前や夜間は屋内に入れる、曇りの日や雨の日は扇風機で乾燥させるなど、手間をかけて、一週間ほど天日干しさせて乾燥したら、完成です!☆彡

利用者の方からは、毎年『ゴキブリが減って、とても嬉しい。』、『毎回、心待ちにしているよ。』という声をいただき、大変好評です^^

熱中症や新型コロナウイルス感染症に気をつけて、害虫のいない快適な夏を過ごしましょう!

【ホウ酸団子の作り方】

1.まずは、タマネギの皮を剥き、大根おろしと同じ要領で擦り下ろす。

2.ホウ酸団子の作り方:すりおろしたタマネギとその他の材料を混ぜる。

3.ボールに擦り下ろしたタマネギ、ホウ酸、小麦粉、砂糖、牛乳を入れて混ぜる。

4.水を足しながらこねる。

適宜、水を足しながら、耳たぶくらいの固さになるまでこねる。手で直接触れるときは手荒れ防止用としてグローブを装着するのを忘れずに。

5.団子状にまるめていく。

直径2~3cmの平べったい団子状にまるめる。

6.団子を天日干しする。

まるめた団子を約一週間天日干しして乾燥させたらでき上がり。ゴキブリが発生しそうな場所に置きましょう。

date |
author

6月に入り、少しずつ活動の機会も増えてきました。

今週は、福井しあわせスポーツ協会の方から「スカットボールⅡ」と「ディスゲッター」をお借りして、レクリエーションの時間に楽しんでいます♪

今回は「スカットボールⅡ」をしました。写真の通り、的に向ってボールを打ち、点数を競う競技です。

 

 

普段からゲートボールをされている方も多い為、ボールを打つのはお手の物!!

会場はとても大盛り上がりでした!

 

 

まだまだ、外出が出来ない日々は続いていますが、そんな中でも、いろんなスポーツやレクリエーションを通して体を動かす事を楽しんでいます。

 

date |
author

光道園では、職員が利用者の方とのかかわりを通しての学び、成長を報告する場として、生活支援事例報告会を開催しています。

年に一度の報告会に向けて、園内では、報告者が集まり、利用者のかかわりの中での悩みや進め方など、外部のアドバイザーの方などから助言を頂き、学びを深める『重複障がい講座』を、年間を通して数回開講しています。

今年度、第一回目の講座が開かれ、前半は福井大学の松木健一先生による講演、後半はグループ毎に分かれて今年度取り組む事例の現状や思いなどを話しあいました。 

重複障がい講座の集大成である、来年の生活支援事例報告会に向けて、これから学びを深めていきます!

※新型コロナウイルス感染症の対策として、ZOOMを使ったWeb会議形式で研修を行なっています。

 

Right Side Contents

検索フォーム

move top