光道園 法人の概要

法人名
社会福祉法人光道園
代表者
理事長 荒木 博文
所在地
鯖江事業所: 〒916-8585 福井県鯖江市和田町9-1-1
朝日事業所: 〒916-0146 福井県丹生郡越前町朝日22-7-1
朝日1丁目事業所: 〒916-0146 福井県丹生郡越前町朝日1丁目201
電 話
鯖江事業所: 0778-62-1234(代表)
朝日事業所: 0778-34-1220(代表)
朝日1丁目事業所: 0778-34-2500(代表)
E-mail
創 立
1957(昭和32)年10月
決算期
3月
職員数
鯖江事業所:138名 | 朝日事業所:291名 総数 429名
取引銀行
北陸銀行 神明支店
事業内容
障がい児・者の支援、高齢者の介護および福祉事業..

光道園 基本理念

光道園の園訓が書かれています。

園訓「愛なき人生は、暗黒であり 汗なき社会は、堕落である」は、自らも全盲という障害を持ちながら、広く全国の障害者のために光道園を創設した初代園長「中道益平」が、生涯を通して貫き通した精神である。

私たち光道園職員は、この言葉を「光道園精神」として、いついかなる時も、社会情勢が如何に変わろうとも、継承し実践してゆく。

光道園 令和4年度 基本方針

一、障がい者支援サービスの充実と将来構想
(1)光道園らしさを基調としたサービス展開 
  ・盲重複障害者の専門施設としての光道園 
  ・働く、学ぶ、育む光道園
(2)徹底した利用者本位の支援
  ・自立支援実践及び意思決定支援を組み込んだ個別支援計画を基本としたサービス展開
  ・利用者個々の状況に合わせグループホームや老人施設等への速やかな移行
  ・光が丘ワークセンター建て替え及びライトホープセンター個室化の基本設計
  ・発達障害、精神障害の専門性を高める
(3)在宅福祉サービスの拡充 
  ・地域生活支援拠点等(居住支援として、相談・体験の機会、場・緊急時の受け入れ)としての役割

一、高齢者支援サービスの充実と将来構想
(1)介護保険施設、事業所の安定経営と高品位のサービス提供を目指す
  ・介護ロボット、見守り装置
  ・AI機器等の活用
(2)(越前町地域包括支援センター民間委託の受託、運営)と地域包括ケアシステムへの具体的対応
(3)養護(盲養護を含む)老人ホームの定員確保及び経営健全化
(4)自立支援型施設、事業所として確立を目指すとともに地域に拡大
(5)相談支援事業(ワンストップサービス)の充実

一、組織及び財政基盤の確立・強化
(1)法人及び施設経営へのガバナンス強化への取り組み
  ・特定社会福祉法人に準ずる法人として、理事会の責任において、会計監査人の指導 の下、財務規律および内部統制整備を図る
  ・電子決裁・デジタル化システムを導入し迅速な経営体制構築と業務省力化を図る
  ・光道園SDGs宣言の実践
  ・法人本部の円滑機能(法人業務、人事管理、財務管理、労務管理、人事、人材確保・定着・育成、施設管理を一元的に)

(2)職員の研修・育成体制の強化
  ・光道園ブランディング戦略(2021アニュアルレポート作成・広報活動強化)
  ・臨床心理士による利用者聞き取りとフィードバックにより利用者満足と職員育成
  ・メンタルヘルスチェック及びカウンセラーの定期相談の継続実施
(3)自然災害、原子力災害、感染症発生時の対応強化と事業継続計画及び平常時の防犯対策
(4)苦情解決体制及び虐待防止体制の機能強化
(5)計画的大規模修繕の検討と実施
  ・ホープ、ナースコール入れ替えとタブレット導入
  ・介護ロボット、見守りロボット等各施設導入促進
(6)法人連携による地域貢献活動の具体的な取り組み

clover