指定障害者支援施設 ライトワークセンター

利用される方々の様々なライフスタイルの実現に向けて
就労・活動・暮らしを支援します。

  • ライトワークセンター
  • ライトワークセンター 正面

支援理念

「尊厳を持って、その人らしい生活が送れるために」

  1. 個人に応じた、就労・活動の場と、生活の質に配慮した暮らしの場を提供します。
  2. 個人のニーズを中心とした個別支援計画に基づき、将来像を見据えた支援を行います。
  3. 個人の持つ可能性に着目し、能力を引き出す支援に努めます。

ライトワークセンターは、さまざまな障害によって生活全般の支援が必要な方が日中・夜間を通して生活を送る場です。
その人らしく自立した日常生活、社会生活になるよう、身体介護に加え、就労の機会を提供し、さらに趣味活動や創作活動の機会づくりを行っています。
生活支援では施設での健康な生活づくりと地域における積極的な社会参加に取組み、就労支援においては、一人ひとりの働く意欲や仕事のペースに寄り添った就労の機会提供に力を入れています。

ライトワークセンターの詳細


指定障害者支援施設 光が丘ワークセンター

利用される方の、充実した豊かな暮らしと生きがいを支援します。

  • 光が丘ワークセンター
  • 光が丘ワークセンター 航空写真

支援理念

  1. 個人が尊厳をもってその人らしい自立した生活
  2. 自己決定と自己実現の主体性の尊重
  3. 利用者の持つ可能性、能力を引き出す力の獲得ができるように支援します。

光が丘ワークセンターは、様々な障害のある方が生活されています。
生産活動を中心に、健康で自立した生活を送ること、「自分らしい生活の実現」に向けて、生活、日中活動において、支援を行なっています。
支援の根底にある「利用者と共に」を大切に、共に取り組み、共に創り上く場所として、「生活」と「活動」の場面を支えていきます。

光が丘ワークセンターの詳細


指定障害者支援施設 ライトホープセンター

社会的自立と社会参加を支援します。

  • ライトホープセンター
  • ライトホープセンター

支援理念

  1. 利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立ったサービス提供に努めます。
  2. できる限り居宅に近い環境の中で、地域や家族との結びつきを重視したサービスの提供を行います。
  3. 市町村、他の障害福祉サービス事業者、その他の保健医療サービス及び福祉サービスとの密接な連携に努めます。
  4. 地域のニーズに対応できる福祉施設としての役割を果たすよう努めます。

ライトホープセンターは、様々な障害をお持ちの方を対象とした施設です。
お一人おひとりの希望(ホープ)から始める取り組み・支援・活動を大切にしています。

もえぎ館は、主に障害のある高齢の方が多く生活されています。
加齢に伴う生活機能や身体機能の低下により介護が必要な状態にあっても、自分らしい生活の実現にむけた支援を実践しています。

あさぎ館は、年齢、障害特性が幅広く、日常生活の様々な場面において、お一人お一人の力を引き出しのばしていくことを大切にした支援を行っています。
“できなかったこと”が“できる”ようにするだけではなく、“できること”をさらに積み重ねて“本人のやりたいこと”につなげる。そのような取り組みを様々な日常生活場面でともに実践しています。

ライトホープセンターの詳細


指定障害者支援施設 ライフトレーニングセンター

利用者一人一人を大切にし、人権を尊重した施設生活の援助に努めます。

  • ライフトレーニングセンター
  • 建物正面

支援理念

  1. 常に安全確保に努め、利用者がいつも安心して楽しい暮らしができるように快適な生活環境づくりに努めます。
  2. 周囲に対しては、人的、物的両面に関してリスクが生じないように努めます。
  3. 日常における利用者個々の身体状況を十分に把握し、健康の保持と増進に努めます。

ライフトレーニングセンターは、主に、視覚障がいと、その他の障害を併せる、盲重複障がいの方を対象とした施設です。
また、地域ニーズに対応した日中一時、短期入所など、在宅生活を支える社会資源としての役割を担っています。

きらら館は、その人らしい生活のための支援に取組み、日中活動を通して働く喜び、学ぶ楽しさを共に感じ育むことで、利用者の方の日々の生活の活性化を図ります。
近年では、盲重複障害以外の利用ニーズも多く、一人ひとりに対応できる支援が求められています。

さくら館は、視覚と聴覚の重複障害を持つ「盲ろう」者の方も多く生活をしており、全国でも数少ない専門施設としての役割を担っています。
盲重複障害の専門性に特化し、外部の専門家とも連携をしながら、職員の専門性を向上し続けています。

ライフトレーニングセンターの詳細


通所生活介護 たねのいえ

たねのいえでは、ご本人様はもとより、ご家族様とのコミュニケーションを大切にしたいと考えております。

  • たねのいえ(ライフトレーニングセンター内)
  • たねのいえ内部

たねのいえは、障害のある方が、地域で安定した生活を営めるよう日中活動を中心とした支援を行なっているデイサービスセンターです。
支援員に加え、看護師、理学療法士が常駐し、一人ひとりの状態に合わせたケア、リハビリテーションを提供しています。
たねのいえの名前には、障がいのある方の可能性の種が、芽吹くようにという想いが込められています。

たねのいえの詳細


就労支援事業所 フ・クレール

パン・クッキーの製造販売で、地域の中で活き活きと活動することを支援します。

  • 就労支援事業所 フ・クレール 建物全体(工場と店舗)
  • 就労支援事業所 フ・クレール 販売店舗

支援理念

  1. 障害のある方々がパン、クッキーの製造販売等を通して、地域の中で活き活きと活動することを支援します。
  2. 地域社会との結びつきを重視し、関係機関等と連携し一般就労と社会参加に務めます。

フ・クレールは、障害のある方それぞれの「働く」を実現し「働いて成長する」を支援しています。
また、就労支援を通して、働く利用者の方の満足度を高めることを目指しています。
フランス語で「明るい」を意味する「clair:クレール」とお腹も心も満足感で「ふくれる」を組み合わせたものが名前の由来です。

フ・クレールの詳細


共同生活援助事業所 とらいと

一定の支援を受けながら、地域で安心して暮らすための住まいを提供します。

  • 一体型共同生活介護事業所 とらいと 全景
  • 一体型共同生活介護事業所 とらいと テラス

支援理念

  1. 障がいのある方々が、一定の支援を受けながら、地域で安心して暮らすための住まいを提供します。

グループホーム「とらいと」「みらいと」は、障がいのある方がサポートを受けながら、自分らしい生活を実現する場です。
2019年(令和元年度)に男女共同だったグループホームを男性棟、女性棟にしました(男性棟「とらいと」10床、女性棟「みらいと」10床)。
アットホームな環境の中、日常生活のサポートに加え、精神的な支えとなるためのコミュニケーションを大事に、一人、ひとりの自立への思いを育んでいくことを大切にしています。

とらいとの詳細


共同生活援助事業所 みらいと

一定の支援を受けながら、地域で安心して暮らすための住まいを提供します。

    共同生活援助事業所 みらいと 玄関

    支援理念

    1. 障がいのある方々が、一定の支援を受けながら、地域で安心して暮らすための住まいを提供します。

    グループホーム「とらいと」「みらいと」は、障がいのある方がサポートを受けながら、自分らしい生活を実現する場です。
    2019年(令和元年度)に男女共同だったグループホームを男性棟、女性棟にしました(男性棟「とらいと」10床、女性棟「みらいと」10床)。
    アットホームな環境の中、日常生活のサポートに加え、精神的な支えとなるためのコミュニケーションを大事に、一人、ひとりの自立への思いを育んでいくことを大切にしています。

    みらいとの詳細


こども支援センターえがお

子どもの発達や療育など将来の自立を目指した支援を行います。

  • こども支援センター

支援理念

  1. 利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立ったサービス提供に努めます。
  2. できる限り居宅に近い環境の中で、地域や家族との結びつきを重視したサービスの提供を行います。
  3. 市町村、他の障害福祉サービス事業者、その他の保健医療サービス及び福祉サービスとの密接な連携に努めます。
  4. 地域のニーズに対応できる福祉施設としての役割を果たすよう努めます。

こども支援センター えがおは、発達に気がかりさのある未就学児や学童児、またはその保護者等に対し、療育や子育て相談を行う療育機関です。
児童発達支援センター「わくわく」保育所等訪問支援「すくすく」放課後等デイサービス「にこにこ」短期入所の事業を行なっています。
お一人おひとりの子育ての悩みに寄り添い、ご家族みんながえがおで生活できるようサポートしていきます。

えがおの詳細


その他 在宅福祉サービス(障害者)

在宅福祉サービス(障害者)の詳細