指定障害者支援施設 ライトホープセンター

社会的自立と社会参加を支援します。

  • ライトホープセンター
  • ライトホープセンター

支援理念

  1. 利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立ったサービス提供に努めます。
  2. できる限り居宅に近い環境の中で、地域や家族との結びつきを重視したサービスの提供を行います。
  3. 市町村、他の障害福祉サービス事業者、その他の保健医療サービス及び福祉サービスとの密接な連携に努めます。
  4. 地域のニーズに対応できる福祉施設としての役割を果たすよう努めます。

ライトホープセンターは、様々な障害をお持ちの方を対象とした施設です。
お一人おひとりの希望(ホープ)から始める取り組み・支援・活動を大切にしています。

もえぎ館は、主に障害のある高齢の方が多く生活されています。
加齢に伴う生活機能や身体機能の低下により介護が必要な状態にあっても、自分らしい生活の実現にむけた支援を実践しています。

あさぎ館は、年齢、障害特性が幅広く、日常生活の様々な場面において、お一人お一人の力を引き出しのばしていくことを大切にした支援を行っています。
“できなかったこと”が“できる”ようにするだけではなく、“できること”をさらに積み重ねて“本人のやりたいこと”につなげる。そのような取り組みを様々な日常生活場面でともに実践しています。

ライトホープセンター 概要

事業内容施設入所支援:135名
生活介護:134名
あさぎ館 自立訓練:6名
もえぎ館 短期入所:3名
通所生活介護:
利用者層障がい(身体・知的・精神)のある18歳以上の方
障がい支援区分4以上の方(50歳以上は区分3以上)
所在地〒916-0146 福井県丹生郡越前町朝日22-3-1
電 話0778-34-8003(1F もえぎ館)
0778-34-8004(2F あさぎ館)
施設長村岡英明
開所日1974年(昭和49年)4月1日

日中活動事業

【生活介護事業】 定員 134名

常に介護を必要とする方に、日中、入浴・排泄・食事などの介護などを行うとともに、創作活動又は生産活動の機会を提供します。

生産活動
緩衝材製作、緩衝材用ダンボール折り、ラベル貼りなど

【自立訓練(生活訓練)】 定員 6名

食事や家事などの日常生活能力を向上するための支援や、日常生活上の相談支援など、自立した日常生活又は社会生活ができるよう、一定期間、生活能力向上のために必要な訓練を行います。

  • 調理訓練
  • 昼食スマイル
  • 作業支援
  • 中庭でお茶会

居住支援事業

【施設入所支援事業】 定員 135名

  1. 施設に入所する方に、夜間や休日における入浴・排泄・食事などの介護や日常生活上の相談支援などを行います。
  2. 健康管理、食事・栄養管理、衛生管理を専門職と連携のもとで行います。