養護盲老人ホーム 第二光が丘ハウス

第一・第二光が丘ハウス

養護盲老人ホーム 第二光が丘ハウスは、65歳以上で、ご家族や住居状況の理由により在宅生活の継続が困難な方を対象とした施設です。(入所の要否は市町村の判断で決まります)
平成22年に改築され、全室個室に生まれ変わりました。
視覚障がいのある方が自立した生活を送れるよう、障がいに配慮した環境が整えられています。
歩行訓練士や各専門職が連携し創意工夫のある支援をします。

 

第二光が丘ハウス 入所者数状況

高齢者施設定員現員空き備考
第二光が丘ハウス

50


49


1
第二光が丘ハウス(養護(盲)老人ホーム)は、
要介護度2程度の状態であれば入所受け入れ可能で、
遠方であっても直接現地へ面接に伺い、
ご本人の状態を確認させていただいていますので、お気軽にご相談下さい。

令和3年1月1日現在

 

第二光が丘ハウス 概要

事業内容一般型特定施設入居者生活介護:50名
介護保険外短期入所:【緊急時・災害時】
利用者層視覚障害があり、65歳以上の方で、入院加療をせず、
家族や住居の状況などの理由により在宅生活の継続が困難な方で、介護認定2程度の方
所在地〒916-0146 福井県丹生郡越前町朝日22-7-1
電 話0778-34-8001
施設長荒木博文
建 物鉄骨造4階建て 2010年(平成22年3月 改築)
設 備全室個室、トイレ・洗面所・バルコニー付、冷暖房完備、
個浴室、一般浴室、特殊浴室、リビング、理髪室、洗濯場等
開所日1975年(昭和50年)1月1日
  • 年忘れ演芸会
  • 旅行にて
  • 団らん

重点目標

  1. 特定施設入居者生活介護事業
    【1】新型養護専用の「養護版パッケージプラン」の導入
    【2】プラン実施体制の整備
    【3】介護保険事業者としての整備すべきマニュアルなどを特養に、学び整備します。
  2. 一般入所者への支援強化
  3. 各種支援記録の見直し
  4. 現場から基本的な考えが示せるようにします。

クラブ活動

書道、ゲートボール、読書、詩吟、畑、お茶、法話の七つのクラブ活動があり、お茶クラブは44名で最も参加者が多いです。

当日希望者も参加しています。