光道園 園長 挨拶

光道園らしさを基本とした事業やサービス展開に心がけ、障害者の方や高齢者の方、地域に信頼されうる光道園でありたいと思います。そのためには、以下の4つを基本としたいと思います。


光道園 園長 荒木博文

光道園 園長 荒木博文

1.「盲重複障害者の専門施設としての光道園
創設以来盲重複障害者の方たちの専門施設として支援してまいりましたが、さらに専門性を高めます。
2.「個々を大事にする光道園
利用者個々を大切にし、どんなに重度で支援困難な方でもあきらめず支援し続けます。
職員一人ひとりを光道園の人財とし、働きやすい環境と育成に努めます。
3.「働く光道園
どんなに重度な障がいがあったとしても、働くことを大切にします。
4.「学ぶ光道園
学習などを通して利用者の方の成長を促し、職員の学びの場としてさらに推進します。
職員個々のスキルアップを目指し、個々に研修目標を設定し、学びの場を提供します。
認知症等専門的に支援する体制を強化するため、より高度な知識、技術を習得し実践します。

私たち光道園役職員一丸となり新たなスタートをきりますが、利用者、ご家族、地域の方々など光道園に関わっていただく多くの方々のご支援、ご協力があってこそと思っておりますので、今後とも宜しくお願いいたします。

2017年 4月
社会福祉法人光道園
園長
 荒木 博文