トピック - 12 - 社会福祉法人光道園

60周年記念 光道園ロゴ
kodoen


* 「トピック」カテゴリーのアーカイブ

12 / 12« 先頭...56789101112
date |
author

♪♪

タイトルの『♪春ですねぇ。春ですよ。♪』は、先日、私の子供の保育園の入園式に参加した時に園児の皆さんが歌っていて、今の雰囲気にぴったりだったので使わせてもらいました。

前回の日記では、光道園の桜が開花したことをつづりました。その後は、天候も良くなく、3月の上旬に戻ったような寒い日も続きました。(関東では雪が降ったみたいですね。)


光道園の桜ですが、少しつづですが、花びらが散り始めてきました。(写真では、わかりづらいですが..)

桜1

桜2


光道園を利用されている方は、視覚障がいの方が多く、視覚から『春』を感じることは難しいケースもあります。 ただし、視覚以外でも、感じることのできる『春』は光道園の周りには、たくさんあります。

田植えの準備のためのトラクターの音、菜の花の匂いなど・・・。 春の陽気に誘われて、今日も園の周りを散歩する利用者の方を見かけました。 (いちご狩りの外出もありました。写真がなくてすみません・・・。)

暖かくなるこれからが『春本番』でしょうか。


味覚でも『春』を楽しめる限定商品が、フ・クレールより販売です!

桜あんぱん

桜あんぱん(限定ですよ!)


桜米粉パン

桜米粉パン(2個入り限定ですよ!)


抹茶ロールパン

抹茶ロールパン(これがあれば、さらに桜が映えます。今だけ限定ですよ!)


ぜひ、店頭まで足をお運びください。

光道園では、これからたくさんの♪春ですねぇ。春ですよ。♪が聞こえてきそうです。

date |
author

平成27年4月1日 新年度のスタートです!

光道園NNホールでは、新年度に伴い、永年勤続・辞令交付・訓示式が行われました。

新年度スタート1

式の始まりは、全員で園歌の斉唱です。


新年度スタート2

永年勤続受賞の皆さん、おめでとうございます。

新年度スタート3

新年度スタート4

新採用職員、移動職員の辞令がありました。


新年度スタート5

この後、新採用職員、一人ひとりから、自己紹介を行いました。

聞いている側にも、緊張感と初々しさが伝わってきました。

新年度スタート6

訓示式では、平成27年度の光道園の指針が園長よりありました。


新年度スタート7

平成27年度新規採用職員の皆さんです。(荒木園長も一緒に入って頂きました。)

一生に一度しかないこの日の気持ちを忘れずに、今日から一緒に頑張っていきましょう!

新年度スタート8

1日はあいにくの雨模様で、光道園の桜もまだつぼみのままでした。

新人職員の皆さんも、桜のつぼみのように、仕事でも焦らずゆっくりと・・・。


新年度スタート9

2日は、全国的に春らしい天気になったみたいで、桜も開花したみたいですね。

光道園の桜も少しづつですが、花が開いてきました。

昨日、緊張していた新人の皆さんも、今日から一生懸命、配属場所で頑張っています。

まだ表情は、つぼみのように硬いかもしれませんが、徐々に開花して笑顔が増えていきます。

4月、光道園は桜の花に、利用者の皆さんの笑顔、職員の笑顔で満開です!!


date |
author

別れの季節

毎年のことですが、31日は職員の退職の日でもあり、寂しい日です。

今年もまた、長年、勤務された職員の方が退職されました。

別れの季節1

天気も、退職される皆さんを激励するかのように、快晴で春らしい暖かい気候のなか、ライフトレーニングセンター・ライトワークセンターの利用者の方、職員一同で、退職される職員のお見送りをしました。

別れの季節2

退職される職員の皆さんは、利用者の皆さんと別れの言葉を交わしながら、光道園での思い出が走馬灯のように頭の中をよぎったことと思います。

別れの季節3

中道先生も一緒にお見送りしていただきました。

別れの季節4

毎年のことですが、お別れの場面を見るのは、少し寂しい気持ちもありますが、利用者の皆さんと職員、全員でお見送りするのも、一人ひとりを大切にする光道園の良さであると改めて感じることのできる場面でもあります。

退職される皆さん、光道園での思い出を胸に、新しい環境でも頑張ってください!!

利用者の皆さん、暖かいお言葉ありがとうございました。

明日からは、4月。

この陽気に誘われて光道園の桜もそろそろ開花しそうです。


date |
author

平屋建から4階建てに替えました

平成22年3月26日金曜日の午前10時より、養護老人ホーム「第一光が丘ハウス」、養護盲老人ホーム「第二光が丘ハウス」の落成式を、光道園 朝日事業所(交流ホール)にて行いました。

式典には西川知事をはじめ、関敬信町長他 約90人の出席があり、祝辞を賜りました。両施設は建築から約40年経過し老朽化が著しいため、平成21年5月から改築を進め、平屋建から4階建てに替えました。総事業費は県の補助2億4750万円を含む約8億4千万円です。

定員は養護老人ホーム「第一光が丘ハウス」が50人と、養護盲老人ホーム「第二光が丘ハウス」が60人で、利用者のプライバシーに配慮し全室トイレ、洗面所付きの個室となっています。また家庭内暴力や虐待に遭った高齢者を一時的に保護するためのショートステイも備えました。

関理事長は式辞で「隣接する特別養護老人ホーム「第三光が丘ハウス」や「デイサービスセンターさざんか」、「ヘルパーステーションさざんか」などとともに、老人福祉の拠点として連携を図っていきたい」と、あいさつしました。


光が丘ハウスの落成式典で、祝辞を述べる福井県西川知事

光が丘ハウスの落成式典で、祝辞を述べる福井県西川知事

Right Side Contents

検索フォーム

12 / 12« 先頭...56789101112
move top