地域への貢献 - 1 - 社会福祉法人光道園

60周年記念 光道園ロゴ
kodoen

* 「地域への貢献」カテゴリーのアーカイブ

1 / 71234567
date |
author

光道園 同行援護従業者養成研修(第5期)を開催

光道園では、同行援護従業者養成研修を平成24年度から開催しており、これまで、71名(第1期~4期)の方が修了され、県内の視覚障がいの方への、安心・安全な外出をサポートして頂いています。

平成28年度は(第5期)は、14名の受講生の参加があり、10月5日~7日(一般課程)、20日~21日(応用課程)の計5日間、開催致しました。


10月5日~7日の一般課程では、光道園を会場に、視覚障がいに関する基本的な理解や移動技術の基本動作について実技を行いました。

光道園 同行援護従業者養成研修1

光道園 同行援護従業者養成研修2

光道園 同行援護従業者養成研修3

光道園 同行援護従業者養成研修4

光道園 同行援護従業者養成研修5

光道園 同行援護従業者養成研修6

光道園 同行援護従業者養成研修7


10月20日・21日の応用課程では、会場をJR福井駅前に移し、電車やバスなど交通の利用の他、同行援護の実際の業務を想定した上での実習を行いました。

光道園 同行援護従業者養成研修8

光道園 同行援護従業者養成研修9

光道園 同行援護従業者養成研修10

光道園 同行援護従業者養成研修11

光道園 同行援護従業者養成研修12

光道園 同行援護従業者養成研修13

光道園 同行援護従業者養成研修14


初対面同士であっても、挨拶や情報提供などしっかりとコミュニケーションを取り合う事で、次第に相手への信頼が出来る事、実際に業務にあたる上でも、とても大切である事を、皆さん自身がこの研修を通じて、改めて実感できたのではないでしょうか。

sp

~第5期の皆さんへ~

これからが本番です!研修期間中は、「たくさん失敗して、たくさん学びましょう!」と話をしてきましたが、実際の場面では、失敗は許されません。また、様々な応用力も求められます。しかし、何度も繰り返し実技に挑戦した熱い情熱があれば大丈夫です!

研修を修了した皆さんは、同行援護のプロフェッショナルです! (受講した皆さんは、この意味がわかるはずです!)

自信を持って、取り組んで下さい。

光道園 同行援護従業者養成研修15

普段の業務もある中、5日間、本当にお疲れ様でした。

date |
author

羽二重ねっとイベント開催

10月10日は、何の日かご存知でしょうか。

10月10日は、「目の愛護デー」として、全国各地で、目の健康に関する活動が行なわれています。

福井県では、今年、発足した視覚障がい者支援ネットワーク「羽二重ねっと」のイベントが福井市のアオッサにて開催されました。

羽二重ねっとポスター

イベントの内容は、支援相談会、「視覚障がい者と読書」をテーマにした体験や機器展示、パネル展示などがあり、たくさんの方にご参加頂きました。

羽二重ねっとipad体験

イベントのテーマである、「視覚障がい者と読書」として、iPadによる電子書籍の体験コーナーの他、視覚障害に関する支援機器の展示がありました。


支援相談会には、医療、福祉、教育、行政の各分野の対面相談会が行われました。

光道園からは、障害者支援センターこうどうえんの相談支援員が、福祉ブースにて、相談を受け付けました。

ブースをまたがって相談される方もおり、羽二重ねっとの目指すものである、医療・福祉・教育の連携と協働を実感できる場面でもありました。

今後も、光道園は、羽二重ねっとの一員として、県内の視覚障がいのある方や県民の皆様に対して、視覚障がいがある方についての理解とその配慮について、幅広く広げていきたいと思っています。

羽二重ねっとパネル展

イベントにお越し頂きました皆様、羽二重ねっとの皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

Right Side Contents

検索フォーム

1 / 71234567
move top