本年度も、光道園自立支援実践研修がはじまりました!

 

講師には、昨年に引き続き、国際医療福祉大学 準教授 小平めぐみ先生をお迎えし、年6回での研修を行います。

 

 

 私たちは介護の専門性として、基本ケア(水分・栄養・運動・排泄)の実施に加え、研究的視点を持ち、その中で得た科学的根拠や知識を持って、医療など多職種と協働しながら、利用者の方の自立性の回復を目指していきます。

自立支援実践研修では、各施設からの事例検討を通してのなぜ?原因は?という分析態度を持ち、原因を追究するために必要な知識や技術を学んでいきます。

学んだ知識や技術が、職員全員実施のチームワークを作りあげていくことが、自立支援が光道園の文化として定着していくための、鍵となります。

 

2年目を迎えた自立支援実践研修。

 

研修で学んだ知識や技術を職員全員が実施できるよう、チームワークを作りあげていき、自立支援が光道園の文化として定着していけるよう、今年度、取り組んでいきたいと思います。