神戸アイセンターの視察研修に参加しました

福井県網膜色素変性症協会様からお誘いをいただき、神戸市のポートアイランドにある神戸アイセンターに視察にいきました。

到着したときには「都会のにおいがする」と言う方がいるほど中心部にありました。(笑)


神戸アイセンターとは、再生医療の研究施設や最先端の眼科医療施設、リハビリ・社会復帰支援など、目に関するトータルな支援を行なう全国初の施設です。

その中でも神戸アイセンターのロービジョンケアフロアである「VisionPark(ビジョンパーク)を視察させていただきました。

ロービジョンケアとは、ロービジョン(弱視)と呼ばれる方々が保持されている視機能を最大限に活かして快適な生活を送れるように支援することです。

ビジョンパ^クは主に5つのエリアに分かれていて、色んな体験を通して見えにくさへどのような工夫、配慮が必要かを考えることができたり、癒しの空間でゆっくりと過ごすエリアがあったり、ボルダリングやヨガなど運動をするエリアがあったりと盛りだくさんでした。

また、相談支援組織のスタッフ(情報コンシェルジュ)が常駐し、利用者の方への情報提供にあたっておられました。

ボルダリングのホールドがライトで光る作りになっており、次に待つホールドが点滅するような工夫がしてありました。

光ることで便利なのはロービジョンの方だけではなく、誰もがわかりやすいユニバーサルデザインになっていて、私もやってみたくなりました。

さらに、施設内はバリアフリーではなく、あえて段差や障害物があるバリアフリーな作りにしてありました。

パーク内を白杖を使って歩き、どの様にしたら歩くことが出来るかを考える空間になっています。

また、白杖を持ったことのない方に対して白杖の貸し出しを行い、白杖の便利さを知ってもらう白杖歩行体験も空間を利用して行なっていました。

まだまだご紹介したいところもたくさんありますが・・・長くなってしまうのでこの辺で・・・。


最後に、ビジョンパークは決してロービジョンの方のための場所ではなく、見えにくい方も見える方も外来に来たお客さんも、色んな方が集まりやすく、いっしょに考えられる場所になっていました。
是非興味のある方は、一度見学に行ってみてください。