平成22年7月1日~平成22年7月31日

1. 種別と傾向について

種 別件 数
合計24100
転倒系(転倒)28.5
転倒系(転落)14
転倒系(滑落)417
喉つまり28.5
投薬ミス28.5
他傷28.5
無断外出14
異食14
徘徊外出14
その他833

種別と傾向について

2. 傷害レベルについて

傷害レベル件 数
合計24100
異状なし2083
軽微の傷害(施設内処置)417
中度の傷害(通院治療)00
重度の傷害(入院加療)00

傷害レベルについて

7月は、24件の報告がありました。

種別として毎月大半を占める転倒系・投薬ミスの割合が低く、7件(29.5%)、2件(8.5%)となっています。また、喉つまり、他傷もそれぞれ2件、無断外出、無断外出、異食がそれぞれ1件となっています。

その他としては物損、送迎忘れなどが8件ありました。

傷害レベルとしては通院・入院者が発生しませんでした。これは20年1月以来2年半ぶりのことです。