障害者支援施設 | ライトワークセンター | セルプー課
施設入所支援(定員80名) | 昭和41年4月認可

対象者
  • 生活介護(定員65名)
    地域や入所施設において、安定した生活を営むため、常時介護等の支援が必要な方。
  • 就労継続支援事業(B型)(定員15名)
    就労移行支援事業を利用したが、一般企業等の雇用に結びつかない方や一定年齢に達している方で、就労の機会等を通じ生産活動にかかる知識及び能力の向上や維持が期待される方
    おおよそ障害程度区分3~4の方
目的
  • 生活介護
    日常生活で介護を必要とされる方に、日中・入浴・排泄・食事等の介護等を行うとともに、生産活動・創作活動・機能訓練の機会を提供します。
    主体的な選択と、広がりのある地域生活を目指した生活支援を行います。
  • 就労継続支援事業(B型)
    心身の状況に応じた就労の機会を提供し、生産活動にかかる知識及び能力の向上のため、必要な訓練を適切に行い、より高い工賃支給を目指します。
    利用者のニーズに沿って、他機関と連携し職場実習・求職活動の支援・施設外就労支援等を実施します。
  • 居住支援
    夜間及び休日における入浴、家事など日常生活全般、及び余暇活動を支援します。
    個別性と生活の質を重視した支援と、暮らし易い生活環境の整備に努めます。
    希望に応じたレクリェーション、サークル活動の提供に努めます。
    衛生や健康管理に努め、特に感染症予防対策を徹底します。
    栄養管理と嗜好に応じた食事の提供に努めます。

ショートステイ 4名

対象者
  • 福祉サービス受給者証を所持し短期入所の支援決定している方
目的
  • 利用者又は介護者の都合(病気・冠婚葬祭)などにより、一時的に施設をご利用いただき、日中・夜間を通して個別のニーズに沿った日常生活の支援を行います。
  • 日中他事業所のサービスをご利用になり、夜間のみの利用も可能です。

sp

障害者支援施設 | 光が丘ワークセンター | セルプ二課
施設入所支援(定員50名) | 昭和56年5月認可

対象者
  • 生活介護(定員50名)
    地域や入所施設において、安定した生活を営むため、常時介護等の支援が必要な方。
目的
  • 日中活動
    生産作業・園芸・リハビリ・創作・運動・学習・季節に応じた行事や、入浴、排泄、食事・口腔・清掃・買物・相談等を行います。
  • 居住支援
    夜間及び休日における生活支援、日常生活全般に渡る相談・余暇・健康管理・栄養管理・衛生管理等を支援します

sp

障害者支援施設 | ライトホープセンター |援護一課|援護二課
施設入所支援(定員140名) | 昭和49年4月認可

※ 援護一課:65名| 援護二課:75名

対象者
  • 生活介護(定員135名)
    地域や入所施設において、安定した生活を営むため、常時介護等の支援が必要な方
  • おおよそ障害程度区分4~5の方
  • 自立訓練(生活訓練)(定員6名)
    地域生活を営む上で、生活能力の維持・向上のため、一定の支援が必要な方
  • 環境認識が相当なされている方
  • 社会性および対人関係に部分的に困難な方
  • 中高年齢者、および病弱者
目的
  • 生活介護
    日常生活で介護を必要とされる方に、日中・入浴・排泄・食事等の介護等を行うとともに、生産活動・創作活動・機能訓練の機会を提供します。
    主体的な選択と、広がりのある地域生活を目指した生活支援を行います。
  • 居住支援
    夜間及び休日における入浴、家事など日常生活全般、及び余暇活動を支援します。
    個別性と生活の質を重視した支援と、暮らし易い生活環境の整備に努めます。
    希望に応じたレクリェーション、サークル活動の提供に努めます。
    衛生や健康管理に努め、特に感染症予防対策を徹底します。
    栄養管理と嗜好に応じた食事の提供に努めます。

ショートステイ 3名

対象者
福祉サービス受給者証を所持し短期入所の支援決定している方
目的
利用者又は介護者の都合(病気・冠婚葬祭)などにより、一時的に施設をご利用いただき、日中・夜間を通して個別のニーズに沿った日常生活の支援を行います。

日中一時支援事業 12名

対象者
地域生活支援事業受給者証を所持している方
目的
家族の就労支援および家族の一時的休息を確保

sp

障害者支援施設 | ライフトレーニングセンター | 療護一課|療護二課
施設入所支援(定員110名)| 昭和47年4月認可

※ 療護一課:50名| 療護二課:60名

対象者
  • 生活介護(定員120名) 地域や入所施設において、安定した生活を営むため、常時介護等の支援が必要な方
  • おおよそ障害程度区分5~6の方
  • 身体障害者の中でも盲重複障害者で日常生活動作に一部介助を必要とする方
  • 状況認識が著しく困難な方
  • 盲肢体障害(重度な肢体障害であるが、全面的な介助ではなく、一部解除が必要な方)
  • 身体障害者の中でも盲ろう者(視覚、聴覚言語障害を持つ方)及び、状況認識が著しく困難な方
目的
  • 日中、入浴、排泄、食事等の介護等を行うとともに、創作活動または生産活動の機会を提供します。
  • 一定条件のもとでの身辺動作可能
  • 基本動作の拡大
  • 意思疎通、認識力向上
  • 伝達方法の確立
  • 日常生活動作自立

「生活介護」たねのいえ

対象者
受給者証を所持している方
目的
居宅において生活しているが、入浴、機能訓練等をとおして自立の促進、生活の質の向上を図る

ショートステイ 4名

対象者
福祉サービス受給者証を所持し短期入所の支給決定している方
目的
家族が介護できない場合短期間の介護等を行う

日中一時支援事業 4名

対象者
地域生活支援事業受給者証を所持している方
目的
家族の就労支援および家族の一時的休息を確保

sp

就労支援事業所フ・クレール|就労生活支援室

対象者
障害者(身体・知的・精神)
目的
障がいのある方々がパン、クッキーの製造販売を通して、地域の中で活き活きと活動することを支援し、地域社会との結びつきを重視し、関係機関等と連携し一般就労と社会参加に努める。

sp

一体型共同生活事業所とらいと|就労生活支援室

対象者
障害者(身体・知的・精神)
目的
障がいのある人が、一定の支援を受けながら、地域で安心して暮らすための住まいを提供します。

sp

障害者支援センターこうどうえん|企画調整室

対象者
鯖江市に在住の障害(児)者又は保護者からの相談
目的
相談に応じ、必要な情報の提供、援助を行う。

sp

越前町障害者支援センターさざんか|地域生活支援課

対象者
越前町に在住の障害(児)者又は保護者からの相談
目的
相談に応じ、必要な情報の提供、援助を行う。