月刊ウララさんの取材がありました

先日、福井県内のエリア情報誌「月刊ウララ」さんによる取材がありました。

「介護の仕事」をテーマに、大変というイメージから働きやすい場所、魅力ある仕事をアピールしていく企画になっています。

今回は、光道園より3名の職員が取材を受けました。


その1人、西宮さんは、デイサービスセンターさざんかで勤務しています。

西宮さんは、和太鼓サークルの代表、演者として活躍するほか、週末、地元の子供たちに和太鼓を指導しています。(以前、広報誌「絆の杜」でも紹介させてもらいました。) 

取材当日、私もお邪魔させてもらいました。

一番奥で指導しているのが西宮さんです。

 

数週間後に和太鼓イベントの出演が決まっている事もあり、指導にも熱が入ります!

このように、仕事をしながら自分の時間も作りやすいのも介護の仕事の魅力の一つかもしれません。

 

西宮さん以外にも、光道園で働く2名のママさん職員を取材しています。

取材の模様は、月刊ウララ4月号に掲載されますので、是非!